関東明陵同窓会

明陵の伝統と同窓の絆を活かす

福岡県立小倉中学校・小倉高等学校同窓会、関東明陵同窓会公式ホームページ

【関東明陵同窓会】2022年第3回「倉高百年を語る会」のお知らせ~オンラインでも配信します

【関東明陵同窓会】2022年第3回「倉高百年を語る会」のお知らせ~オンラインでも配信します

小倉の明陵同窓会より、イベントの案内がありましたので、お知らせいたします。
 
2022年第3回倉高百年を語る会
日時:2022年6月1日(水)  18:30〜20:00
場所:百周年記念明陵会館*(小倉高校駐車場利用可です。)
演題:末松謙澄を語る
講師:高17期 植田 義浩氏(「末松謙澄を考える会」副会長) 

末松謙澄(すえまつけんちょう)は、幕末の豊前国京都郡(今の行橋市)に生まれました。17歳で上京し、ジャーナリストとして伊藤博文らの知遇を得て21歳で官界入り。 23歳、西南戦争に従軍し西郷隆盛への降伏勧告状を起草。その翌年にはイギリスに官費留学し、滞在中には「源氏物語」の英訳本を出版。帰国して伊藤博文の女婿となった後、大日本帝国憲法や、下関条約など数々の国際条約の草案を作り、政治家、また英独仏語に通じた外交官、ロビイストとして活躍しました。一方で、文学、演劇、美術、歴史学などの分野においても膨大な著作と業績を残しています。近年、謙澄に関する書籍も相次いで出版され、「知の巨人」とも言われるこの豊前出身の偉人への注目が高まっています。今回は、末松謙澄の生涯と、彼が日本の近代化・国際化に果たした大きな役割について「末松謙澄を考える会」副会長の植田義浩氏(高校17期)にお話していただきます。

なお、オンライン配信も行います。
1.開催方式
小倉高校百周年記念明陵会館からのオンライン中継による講演会
(※明陵会館では通常通り参加者に入っていただいての開催です)
オンラインツールとして、YouTubeライブを使用します。

2.参加申し込み方法
パスマーケットでの申し込み
次のURLから、参加申し込み用「パスマーケット」でチケット(500円)を購入してお申し込みください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02kdwa8fp8d21.html
(Yahooアカウントでログインせずとも申し込み可能です)
申し込む際に記入したeメールアドレス宛に参加URLをお送りいたします。

今回は、1回のイベントの参加人数が100人までに制限されています。
先着順で申し込みを受け付けまして、100人を超えた場合には、それ以降は参加を受け付けることができなくなりますので、予めご了承ください。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(お問合せ先)
 福岡県立小倉高等学校明陵同窓会(事務局)原田
TEL:093-581-8124 FAX:093-581-8155
e-mail:meiryou@deluxe.ocn.ne.jp