関東明陵同窓会

明陵の伝統と同窓の絆を活かす

福岡県立小倉中学校・小倉高等学校同窓会、関東明陵同窓会公式ホームページ

第204回月例会(2018年10月19日)スナップ

第204回月例会(2018年10月19日)スナップ

2018年10月19日(金)に第204回月例会が開催されました。
今回はNPO法人ロシナンテスで事務局長としてご活躍の高校49期 星野様に「21世紀の非営利団体~寄付を獲得する戦略とテクノロジー~」と題してご講演いただきました。
星野様は2003年に東京大学農学部をご卒業後、株式会社電通に入社され、その後、バーテンダー、アートイベント運営、ライブハウス運営と華麗なる転職をされ 2015年よりロシナンテスで事務局長としてご活躍でいらっしゃいます。
 
NPO法人であるロシナンテスは今年で20年目ということもあり、医療だけではなく、水事業、教育事業、診療所建設事業と多岐に渡っています。 今後も活動を継続できるようにすること、それがスーダンの方々、寄付をくださった方々、ロシナンテススタッフとその家族への責任という信念が印象的でした。
NPO法人の活動資金は寄付に頼っており、その調達には力学があるとのいうことをご説明いただきました。 より多くの寄付を募るには知名度をあげることも重要ですが、そのために広告費を支払う必要が出てきます。 日本ではその広告費の支払いに寄付金を使うことに非寛容であるという現実をご紹介いただきました。 その打開策として、“ストーリー”で一般市民へメッセージを伝えることが有用とのことでした。
また、企業の社会貢献活動の一環として、ツールの無償提供があり、それを活用しての寄付層の戦略的・効率的開拓についてもご紹介いただきました。
55期 平田浩一朗